ストレスと認知のゆがみ

おはようございます、TAKです。

 

うつ病の大きな原因である「ストレス」

 

このストレスには個人差があります。

なぜなら、同じ事実であっても
受け取る人によって差が生じます。
それは、受け取る側の評価が
それぞれ違うからです。

 

例えば、高所恐怖症の人は、
遊園地のジェットコースターが
ストレス以外の何ものでもありません。
(私もジェットコースターが苦手です。)
しかし、何でもない人からすれば、
とても楽しいアトラクションですよね。

 

このように、
うつ病になりやすい人や
うつ病の人の特徴としては、
認知、つまり物事の考え方に
歪みがあるといえます。

「白黒思考(意見する人は敵だ)」
「過大評価・過小評価」
「べき思考(○○をするべき)」
「どうせ思考(どうせダメだ)」
              etc,,,
その為、通常の人より
ストレスがかってしまい
うつ病等の心の病に陥ります。

なので、考え方の歪みを直し
ストレスがかかりにくい
発想の癖を身につける事が
うつ病治療の近道となります。

 

因みに、その理論を用いたものを
「認知行動療法」といいます。
現在の心理療法の中で
とても効果があるとされています。

今、悩んでいる方へ

 相談・カウンセリング

 独りで抱え込まず、ほんの少しだけ、私たちに話してみませんか?

対象 悩んでいる方

    うつ病の方

    当事者のご家族など

  (友人・知人でもOK)

無料で対応いたします。

ーーーーーーーーーーーーー

 ピアミーティング「JAM」

 同じような悩みを抱える方々とお話をしてみませんか?

●対象 悩んでいる方

    うつ病の方

    当事者のご家族など

  (友人・知人でもOK)

※参加費500円が必要です。

  (初回は無料です。)

 

詳しい内容は、こちらへ!

カウンセリング
自殺防止イエローページ

SpecialThanks

障害当事者による支援グループ
T-noma(ティノーマ)